kale’s diary ~ ケールの雑日記 ~

日々の思いつき雑日記 (ただいま入院中!←退院しました!)           気になった言葉。本や読書のこと。音楽のこと。映画とかAppleのことも。

ホリエモンの「本音で生きる」を読みました。(一言日記)

 

 

 

 

ホリエモンの「本音で生きる」を読みました。

 

この本は、買ってからずっと車に積んでおき、

 

子供たちの習い事の待ち時間や、

 

仕事の休憩時間なんかに、読んでました。

 

 

 

ホリエモンの本を、読み終わったら

 

いつも言っている気がしますが、

 

ホリエモン節、炸裂ですね。

 

当たり前です。

 

ホリエモンの本ですから。笑

 

 

 

ただ、そう感じてしまうんです。

 

行き過ぎた事を言っていたとしても、

 

刺さってくるんですね。

 

ホリエモン信者では、ないんですがね。

 

 

 

「はじめに」の後に、

 

堀江貴文の本音】というのがありました。

 

でもやっぱり、「本音を言えない」「やりたいことができない」

と考えてる人って「キモっ」って思うところもある。

言いたいことはいえばいいし、やりたかったらやればいい。

本当にやりたかったり切羽詰まっていたりしたら、

もう動いているはずなので、こんな本を読んでいる場合ではないだろう。

この本は言葉が過ぎているところもあるし、

余計なお世話と思われるかもしれない。

まあ、パッと読んで、気づいて、この本は捨ててしまう、

くらいが、やっぱり一番いいと思う。

 

 

 本音を言えないことが、

 

まったくわからないんだと思います。笑

 

「だからホリエモンなんだ」、

 

と言われてしまえば、それまでなんですが。。。。

 

 

 

章ごとにkeywordがあったので、

 

それを書いてみます。

 

ネタバレになるのかな?

 

序章 なぜ、本音で生きられないのか

keyword 他人のことは、放っておけ!

 

1章 言い訳をやめる

keyword 「できない理由」を探して、いいことあるのか?

 

2章 バランスをとるな!

keyword やりたいことがあるなら、極端でいい

 

3章 本音で生きられない理由は「自意識」と「プライド」である

keyword 小利口が一番よくない!

 

4章 全てを最適化せよ

keyword やりたいことは、”今”やれ!

 

5章 本音で生きるために必要なこと

keyword 必要なのは、ノリとやる気だ

 

 

これがホリエモンの答えなんですね。

 

あとは、おわりにで

 

自分の人生、なんで人に決められないといけないんですか?

もしくは、人に決められたいんですか?

 

 

気にせず、自分の思うことをやればいいんです。

 

 

でした。

 

まさに、この言葉通りかなと。

 

自分の人生ですからね。

 

 

 

 

ホリエ本。なにか、自分の意見との戦いみたいな気持ちになるな。笑

 

家にはまだまだホリエ本は、積読してます。

 

また明日から戦ってみようと思います。笑