kale’s diary ~ ケールの雑日記 ~

日々の思いつき雑日記 (ただいま入院中!←退院しました!)           気になった言葉。本や読書のこと。音楽のこと。映画とかAppleのことも。

なぜするの。(Horie's Life-Changing Words)

 

 

 

 

 

謙虚にしてもいいことはない

 

 すでに時代は移り変わっている。謙虚にすることによって

得られるメリットなんて何もない。

 元来、謙虚にする目的は、みんなが共に生きていくための

意識だったはずなのに、本来の目的から外れて、

この道徳を守ること自体が自己目的化してしまっている。

 今では、そういった道徳・倫理観を破ることに対するタブーしか

残っていない。それゆえ、私のように謙虚ではない人間を見ると、

ただそれだけで嫌悪感を抱くことになるのだ。

 なぜ謙虚にしなくてはいけないのだろうか?

 その理由を明確に説明できる人なんていないだろう。

 

出典「人生を変える言葉」堀江貴文

 

 

 

 

どうして謙虚にするのだろう。

 

確かに、現代においてなんのメリットもないような気がする。

 

けど、いろいろな場面で謙虚を求められる気がするな。

 

なぜだろう。。。

 

 

 

 

 

堀江貴文 人生を変える言葉

堀江貴文 人生を変える言葉

  • 作者:堀江 貴文
  • 発売日: 2016/08/06
  • メディア: 単行本